平屋 坪単価

家を、しかも平屋で建てたいと思うと、かなりのコストがかかるというのが実情です。平屋というのは、2,3階建の家よりも、どうしても単価が高くなってきます。

 

 

こういった平屋を、大手のハウジングメーカーで建てると、本当にすごい単価がでてきてしまったりします。そのため平均で見てみても、平屋の坪単価というのは、通常の2階建てなどに比べても、高くなってくる傾向にあるといってよいでしょう。

 

 

ただし、最近は、平屋をあつかうハウジングメーカーにも、いろいろな違いやタイプがでてきました。もともとは、平屋というと、高いものというのが前提だったと思います。

 

 

こういったことにより、人気が衰えている時期もありました。ローコストで家を建てることが人気だった時期には、平屋はやはり人気がさがっていました。しかし、最近では、こういったローコストハウジングメーカーからも、安い平屋の商品というのが、出てくるようになってきました。

 

 

こうなると、平屋は高い、というのも、変化が出てきているといえるでしょう。

 

 

たとえば、大手だと、平屋の単価というのは、60万円台を超えるようになってきます。たとえば大手の中中で、パナホームの平屋の単価というのは、だいたい60万円から70万円程ですし、積水はこれを上回るような単価もあります。

 

 

こういったものに対して、ローコストハウジングメーカーが提供している平屋だと、坪単価40万円辺りのものも出ています。ただし、こういったものは、まだ数としてみると、大手の平屋の定着感に比べたら、少な目だといってよいのではないかと思います。

 

 

ただ、今でいう平屋の坪単価の平均というのは、かつての平屋の坪単価の平均よりも、割安になってきているということはいえるでしょう。

 

 

かつての平屋の坪単価の平均が、だいたい60万円後半から70万円台といった印象であったのに対して、今では、50万円前後くらいを、平屋の坪単価の平均と見て、検討を始められるのではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/12/15 20:25:15

マイホームを建てるときには、まずはどういった家にしようか、と考えるところです。こういった中で、平屋にしたい、と思う方もいるのではないでしょうか。

 

 

とくに年齢の高いかたと一緒に住んだり、小さな子供が多い世帯で住むことを考える方で、家を建てるというケースも多いですが、こういった中で人気があるのが、やはり平屋です。小さな子供や年配の方にとって、平屋というのはやはり住みやすさの面でも利点が多いということがいえるのでしょう。

 

 

こういった方が、見出す平屋ならではのメリットというのは、やはりスペースの使い方というところにあるのではないでしょうか。家の段差というのは、元気な大人が生活していると気づかないですが、そうではない方、たとえば老齢の方であったり、といった方には、とても大きな障害だったりします。

 

 

また、小さな子供がいる方にとっては、子供が落ちないようにガードを設置するなど、心配な面もでてきます。

 

 

そういった意味で、段差がない家というのは、安全性というところで、メリットがあると感じる方も多いようです。

 

 

また、家の価格というのは、坪単価で測ることが多いですが、平屋の場合には、単価だけでは測れないコストパフォーマンスという見地でいくと、階段が無いので無駄なスペースができない、という意味で、より面積を有効活用するともいえます。これも平屋ならではのメリットだといえるでしょう。

 

 

また、最近は太陽光発電を取り入れる方も増えていますが、これについても、平屋のメリットがあるといえるでしょう。というのも、屋根の面積が広ければ、それだけ太陽光を多く取り込むことができるともいえます。こういった視点から、最近は平屋のメリットを見直す動きというのも出てきているようです。

 

 

マイホームに求めるものは人それぞれですので、自分の求めるメリットがなにか、というところをきちんと見極めることも必要です。そうしたうえで、家のもつ特徴やメリットを検討し、自分の好みに合ったところを選びたいものです。

続きを読む≫ 2014/12/15 20:24:15

マイホームを建てるのであれば、平屋がいいなと思う人も多いのではないでしょうか。こうなると、平屋のメリット、デメリットというのが気になってくるところです。

 

 

平屋には、平屋ならではのメリットもあります。一番に挙げられるのが、広いスペース、階段の無い間取り、といったところでしょう。こういったポイントが、理由となって、平屋を選ぶ方も多いのが実情です。

 

 

ただ、実際には、こういったメリットとデメリットは裏表です。というのは、この、平屋ならではのフラットな構造というのが、平屋のデメリットにもなってくるのです。それは、高い建築コストというところです。実際、平屋というのは、基本的には割高になる家となることが、構造上は前提となっています。

 

 

というのも、2階建よりも平屋の方が屋根や基礎の面積が多く必要になってくるからです。そして、こういった屋根や基礎というところには、よけいにお金がかかるようになっているためです。

 

 

たとえば、延床面積40坪の2階建ての家の場合、屋根や基礎は20坪分の広さとなりますが、これが延床面積が40坪の平屋の場合だと、屋根も40坪分、基礎も40坪分となります。

 

 

こう考えると、平屋にかかるコスト感がわかってくるでしょう。同じ延床面積であれば、平屋というのは、坪単価が高くなります。これは、同じ延床面積で、2階建てを建てた場合などと比較すると、良くわかります。一般的に、平屋の方が坪単価は高くなるのです。

 

 

これが、平屋を建てるにあたって、まず最初に直面するデメリットだといえそうです。

 

 

完璧なマイホームづくりというのはありませんので、平屋にするにあたって、コストというのは、予算との兼ね合いを十分に検討する必要があるでしょう。

 

 

また、安い平屋を提供しているハウジングメーカーも最近は増えているようです。ここをきちんと見極めて、自分に一番あったハウジングメーカーを見つけられることが、デメリットの少ない平屋づくりの成功になってくるといえます。

続きを読む≫ 2014/12/15 20:22:15

マイホームを建てるにあたって、失敗談というのは、気になってしまいます。それというのも、自分はマイホームに失敗したくないという気持ちの表れだったりするのですが、とはいえ、マイホームに求めるものは人それぞれですので、自分の求めるメリットがなにか、というところをきちんと見極めることも必要です。

 

 

そうしたうえで、家のもつ特徴やメリットを検討し、自分に本当にあった家を建てることが、マイホームづくりの失敗を防ぐことにつながるのでしょう。

 

 

家づくりの中で、平屋における失敗談というのも聞かれます。年配の方にとって、平屋というのはやはり住みやすさの面でも利点が多いということがいえるのでしょう、年齢の高いかたにも人気があるようです。

 

 

住み心地に重点を置く方が、平屋を選ぶ傾向にある、ということもいえそうです。ただ、平屋であれば安心して住み心地が良い家ができるというわけではありません。たとえば、平屋のもつ開放感を大事にして、できるだけ扉を付けず、オープンスペースを多く作ったという方の場合の失敗談です。

 

 

こうした結果、エアコンの効率がとても悪くて、なかなか温まらない、冷えない、ということがあったり、電気代がかさんでしまったというケースがあったようです。

 

 

また、平屋においては、屋根などに多く建築費がかかります。これは、構造上の前提となっていて、2階建よりも平屋の方が屋根や基礎の面積が多く必要になり、こういった屋根や基礎というところには、よけいにお金がかかるようになっているためです。

 

 

同じ延床面積であれば、平屋というのは、坪単価が高くなるのはこういった理由からです。

 

 

ただ、これは初期費用だけではなく、その後、メンテナンスや、修繕についても、同様のことがいえます。そのため、平屋にしたら、思った以上にその後のメンテナンスに費用がかかってしまった、というような失敗談もあるようです。

 

 

こういったことも頭にいれた上で、賢く平屋造りを検討していきたいものです。

続きを読む≫ 2014/12/15 20:20:15

平屋と太陽光発電というと、古いものと新しいもの、というようなイメージがありますが、この2つの組み合わせというのが、最近のマイホームづくりでは、注目を集めてきています。

 

 

というのも、最近は、マイホームを建てるときには、太陽光発電を検討したいという人も増えきているようです。エコへの配慮の広がりというものもありますし、同時に、電気代など、ランニングでのコスト面でのメリットが大きいというところも、増えている理由となっているようです。

 

 

また、平屋というのも、かつての家、古き良き家というイメージがありましたが、最近また人気があがってきているようです。かつては、平屋は基本的に建築費が高く、こういったことにより、人気が衰えている時期もありましたしかし、最近では、こういったローコストハウジングメーカーからも、安い平屋の商品というのが、出てくるようになってきており、こうなると、平屋は高い、というのも、変化が出てきており、人気も回復してきているようです。

 

 

 

こういった中、太陽光を付けた平屋の家というのが注目を集めています。屋根の面積が広ければ、それだけ太陽光を多く取り込むことができるともいえます。とくに日の照る時間が長い場所であれば、メリットも大きいでしょう。こういった視点から、最近は平屋のメリットを見直す動きというのも出てきているようです。

 

 

価格としても、坪単価60万円前後を目安に、最近は太陽光発電をもともとつけた上で、商品として売り出しているものも多く見られます。さらには、そういった家の価格と、太陽光を付けた後の売電収入を相殺する形で、ローンを0円にするようなプランも出ているのです。

 

 

太陽光というのは、家づくりにおいて、最初の初期費用は掛かりますが、上手な取り入れ方をすれば、その後何年、何十年とかかってくる全体的な光熱費のコストを抑えることができるというところにメリットもあり、こういった平屋太陽光の家というのも、注目されています。

続きを読む≫ 2014/12/15 20:19:15